• Twitter Clean
  • w-facebook
  • w-googleplus

レイキを学ぶ理由

≪私、誰にも必要とされていない気がする≫そういう悩みを耳にすることがあります。

 

これは、愛されたいということ。

自分を承認してもらいたい。

価値を認めてほしいということです。

 

≪愛されたい≫にフォーカスしている人は、

結局はどんなに愛を与えてもらっても満足できません。

 

≪愛されていない≫と感じている人は、嫌われるのが怖くなって、

相手の顔色ばかりをうかがうようになったりします。

 

そして、やがて苦しくて仕方がない状態に・・・

 

 

≪愛されたい≫と思えば思うほど、「ない」に脳がフォーカスするようになり、

≪愛されていない≫と感じるようになってしまうんです。

 

こういう時は、【愛を与える】ことに意識をシフトしてみるんです^^

 

そのキーワードは「慈悲」。

 

慈悲とは、楽しみを与え、苦しみを取り除くことです。

 

 

では、誰かを楽しませるためにはどうすればいいのでしょうか?

 

冗談を言ったら、相手が楽しそうに笑ってくれた。

それだけで、あなたも楽しくなったことはありませんか。

 

 

 たまに料理を作ったら、すっごく簡単な料理なのに、美味しそうに食べてくれた。

それだけで、あなたも嬉しくなったことはありませんか。

 

 

が降ってきたので、あわてて洗濯物を入れておいたら、母親がすごく喜んでくれた。

それだけで、あなたも幸せな気持ちになったことはありませんか。

 

 

どの状況でも相手を楽しませると同時に、自分も楽しんでいますよね。

 

これが、ポイントなんです。

 

・相手を楽しませるために、自分が犠牲になってはダメ。

 

・与えることで相手を支配しようとするのもダメ。

 

・相手を楽しませないと、愛してもらえないと思うのもダメ。

 

要は、「あなたも一緒に楽しんでいるか」どうかです。

 

 

 

 

では次に、相手の苦しみを取り除くには、どうすればいいのでしょうか?

 

肩こりのひどい母親の肩を少しもんであげたら、「これでよく眠れるわ」と喜んでくれた。

その笑顔を見るだけで、あなたも嬉しくなりますね。

 

 

友達の悩みを聞いてあげたら「何だかスッキリした」と、

その晴れやかな表情を見ただけで、あなたも嬉しくなりますね。

 

 

 残業で疲れている同僚に栄養ドリンクを差し入れしたら、

「助かる~」と言って、早速飲んでくれる。

人の役に立てただけで、嬉しくなりますよね。

 

 

楽になった相手の姿を見ただけで、

あなたも癒されていたことに気づくかもしれません。

 

人を喜ばせるのって、愛されることより嬉しいかもしれません^^

 

 

レイキは人を喜ばせ、そして苦しみを取り除く手法の一つです。

 

レイキで自身を癒し、だからこそ辿り着く『誰かのためになることの愛』は、

 

嫌われないためでもなく、自己犠牲でもない、真実の愛です。

 

レイキは、「あなたを」そして「あなたに関わる人たちを」豊かにしてくれます。